データの輝き2010

第46回小倉記念 データの輝き

-----

結果 1着9番人気ニホンピロレガーロ 2着4番人気バトルバニアン 3着1番人気スマートギア ではどうやったら的中するか?1着から5着まで全てサンデーの子供、ZI指数上位3頭の馬連、馬単、前走指数上位5頭の三連複BOX

-----

【データからの単勝の該当馬】
スマートギア 牡5 武豊
 前走7着と2200m戦が×
ナリタクリスタル 牡4 幸
 前走1800m1人1着サンデー系○ 前走1600万△
サンライズベガ 牡6 松岡
 関東騎手× 前走1人2000mサンデー系○ 6歳△
バトルバニアン 牡6 和田
 前走2人2000mサンデー系○ 6歳△
ホワイトプルグリム 牡5 福永
 前走オープン特別× 1人1800m○
アドマイヤオーラ 牡6 安藤勝
 前走1人1800mサンデー系○ 6歳△

【近年23年分のデータ】
人気
 6番人気まで 例外1回2009年16番人気
オッズ
 3桁配当21回 例外2回1,100 6,470
脚質
 逃げ4.3% 先行39.1% 中団39.1% 後方4.3% マクリ13.1%
毛色
 鹿毛47.8% 栗毛34.8% 青鹿8.7% 黒鹿8.7%
レース間隔
 連闘4.3%2週21.7%3週17.4%4週17.4%
 5~9週30.4%10週以上8.6%
前走人気
 1:17.4% 2:13.0% 3:26.1% 4:8.7%
 5:13.0% 6~9:8.7% 10~:13%
前走着順
 1:30.4% 2:30.4% 3:4.3% 4:8.7%
 5:4.3% 6~9:0% 10~:21.7% 
前走場所
 小倉52.2% 新潟、中京各13.0%
 東京、阪神各8.7% 京都4.3%
前走距離 前走は1800or2000m73.9%
 1700-2000m78.3% 1400-1600m8.7%
 2100-2400m8.7% 2500m-4.3%
前走クラス
 GⅢ39.1% 1000万下26.1% GⅡ21.7%
 GⅠ8.7% 1600万下4.3% OPEN特別0%
前走個別レース名
 北九州記念26.1% 高松宮(GⅡの頃)13.0%
 はずき賞8.7% その他各4.3%
東西
 関西騎手+関西馬100%
馬齢
 5歳43.5% 4歳26.1% 6歳13.0%
 3歳8.7% 7歳、8歳4.3%

| | コメント (0)

函館記念 データの輝き

第46回函館記念 GⅢ データの輝き

このレースの印象は近年強い馬が勝たないなと感じます。ここ10年3連覇したエリモハリアーの6歳時とエアエミネムが1番人気でしたが、歴史に残る馬は勝っていません。古くなりましたが、1988年サッカーボーイが1番人気で快勝、母ダイナサッシュ、父ディクタスと言う姉にゴールデンサッシュのいる良血、この産駒が愛馬ステイゴールドです。函館記念はタイキブリザードもホクトベガも、マチカネタンホイザ、アドマイヤコジーンも負けました。1番人気は買うレースではありません。

◎前走巴賞組5連勝中
○牡馬(含むセン馬)11連勝中
△関西騎手5連勝中
△関西馬5連勝中
注3,4,5枠やや有利

近年24年のデータ
人気 信頼できない1番人気馬、ここ10年は2勝のみ
 1番人気6勝 2番人気5勝 4番人気4勝
 6番人気3勝 7番人気1勝 9番人気2勝
 11番人気1勝 13番人気1勝 14番人気1勝
性齢
 3歳:3勝 4歳:9勝 5歳:7勝 6歳:3勝
 牝馬は4勝のみ
東西 関西馬やや優位
 関西馬:15勝 関東馬:9勝
騎手 5分5分
 関東:12勝 関西:12勝
脚色 先行やや有利
 逃げ:1勝 先行:13勝 中団:8勝 後方:1勝 マクリ:1勝
間隔
 2週:12勝 3週:2勝 4週:4勝 5~9週:5勝 13週:1勝
前走着順
 1着:7勝 2着:3勝 3着:5勝 4,5着:各1勝
 6~9着:5勝 10着~:2勝
前走レース名
 巴賞:11勝 道新杯:3勝 ラジオたんぱ:2勝 その他:各1勝
前走クラス
 GⅡ:1勝 GⅢ:6勝 オープン:15勝 1000万:1勝 500万:1勝
前走場所
 函館:11勝 札幌:5勝 新潟:2勝 中京:3勝
 福島、東京、阪神:各1勝
単勝
 220~450円:10勝 ~900円:5勝
 ~1440円:4勝 ~2510円:2勝 4710円:3勝

| | コメント (0)

第10回アイビスサマーダッシュ      データの輝き

第10回アイビスサマーダッシュ データの輝き
新潟 3歳以上・オープン・GⅢ

 3連覇なるかカノヤザクラ、出走が叶えば各上挑戦ながらアスドゥクールも、牡馬は勝ちから遠のいているが、シンボリグランも立て直して圏内。

・牝馬5連勝中
・関西馬3連勝中
・カノヤザクラ連勝中

・内枠やや不利
・8枠3連対中
◎7,8枠どちらかにすると8連対中
年度    枠連  三連単
2009年 8-8 17-18-12
2008年 3-8 18-05-01
2007年 7-8 13-16-03
2006年 5-7 13-10-14
2005年 5-7 07-10-12
2004年 5-8 05-12-09
2003年 4-7 07-12-02
2002年 4-8 12-05-04
2001年 2-6 02-06-05

人気 信頼できない1番人気馬
 1番人気1勝 2番人気3勝 3番人気1勝
 6番人気1勝 7番人気2勝 13番人気1勝
性齢 牝馬に集中
       牝3:2勝
 牡4:1勝 牝4:1勝
       牡5:3勝
 牡6:1勝 牝6:1勝

東西 関西馬やや優位
 関西馬:6勝 関東馬:3勝
騎手 珍しく関東騎手が優位
 関東:5勝 関西:3勝 地方:1勝
馬番 外がやや有利
  2番:1勝 5番:1勝 7番:2勝
 12番:1勝 13番:2勝 17番:1勝 18番:1勝
脚色 逃げやや有利
 逃げ:4勝 先行:1勝 中団:3勝 後方:1勝
間隔
 2週:3勝 3週:1勝 5週:2勝 7週:2勝 13週:1勝
前走着順
 1着:2勝 3着:2勝 5着:2勝 6着:1勝
 11、12着:各1勝
前走レース名
 CBC:2勝 函館S:2勝 関屋記念:1勝
 小倉日経、京葉S、白川1000、新潟日報1600:各1勝
前走クラス
 GⅢ:5勝 オープン:2勝 1600万:1勝 1000万:1勝
前走場所
 名古屋、新潟、函館:各2勝 福島、中山、小倉:各1勝
単勝
 ~350円:3勝 ~750円:2勝
 ~2000円:2勝 ~2500円:1勝 7710円:1勝

過去3年 牝馬のみ
第9回 優勝カノヤザクラ 牝5 小牧太
 3番人気、5番人気、13番人気で決着
 カノヤザクラは
 ・7走補正指数105:1位
 ・本賞金20,460:2位
  ・一走当1,076.8:1位
 ・収得賞金6,975:2位
第8回 優勝カノヤザクラ 牝4 小牧太
 ・2番人気、10番人気、6番人気で決着
第7回 優勝サンアディユ 牝5 村田
 ・13番人気、1番人気、5番人気で決着

| | コメント (0)

第15回プロキオンステークス GⅢ    データの輝き

2009年7月10(日)追記 プロキオンステークスは時計を活かせたケイアイガーベア。結果 16-8-1 素直に気配の良い順番でした。ナムラタイタンの連勝が止まり残念でしたが、やはり外枠が連にからみました。一応抑えてました。タイタンが2着にあがってくれたらもっと良かったのですが。 

Photo_2

***予想時***

第15回プロキオンステークス GⅢ データの輝き

ジンクス⇒無敗の馬は買い続ける。
 デビュー後無傷の6連勝中のナムラタイタン牡4、7連勝で初重賞制覇なるか?
データ⇒三年連続 枠連7-8 人気の馬が7枠8枠と言う偶然もありますが、抑えておいた方がよさそうですね。
 2009年 枠7-8 三連単14-15-12
 2008年 枠7-8 三連単11-12-07
 2007年 枠7-8 三連単14-15-01
 2006年 枠2-7 三連単04-14-09
 2005年 枠8-8 三連単16-15-13
 2004年 枠7-8 三連単14-13-15
 2003年 枠6-7 三連単11-13-15
 2002年 枠7-8 三連単11-13-05

人気 1番人気結構信頼、大荒れはない。
 1番人気7勝 2番人気2勝 3番人気2勝
 5番人気1勝 7番人気2勝
性齢 牡5歳6歳馬に集中
 牡4:2勝 牝4:1勝
 牡5:5勝
 牡6:4勝 牝6:1勝
       牝7:1勝
東西
 関西馬:13勝 関東馬:1勝(ワイルドワンダー)
騎手 関西騎手、武豊3勝、福永2勝
 関西:10勝 関東:3勝 海外:1勝
馬番 外がやや有利な傾向
  1番:1勝 4番:1勝 7番:2勝 8番:2勝
 11番:3勝 12番:1勝 14番:3勝 16番:1勝
脚色 先行馬有利しかし逃げ馬は駄目
 先行:8勝 中団:4勝 後方:2勝
間隔
 2週:2勝 3週2勝 5週:3勝 6週4勝
 8週1勝 9週:1勝 11週:1勝
前走着順
 1着:7勝 2着:2勝 3着:1勝
 5着:2勝 12着2勝
前走レース名
 欅S:4勝 マーチS、かきつばたS各2勝
 産経大阪杯、栗東、フェブラリーS,かしわS、オアシス、アンタレス、各1勝
前走クラス
 オープン:6勝 GⅢ:5勝 GⅡ:2勝 GⅠ:1勝
前走場所
 東京6勝 地方3勝 中山、京都各2勝 阪神1勝
単勝
 ~200円 4勝 ~500円 6勝
 ~1000円 1勝 ~2000円 2勝 ~2500円 1勝

過去3年
第14回 優勝ランダローテ 牡6 武豊
 3番人気、1番人気、2番人気で決着
 ランザローテは
 ・マイニング指数83.46:1位
 ・ZI指数111:2位T
 ・前走指数95:2位
 ・中央連率66.7%:1位
 ・キャリア9戦:最も少ない
第13回 優勝ヴァンクルタテヤマ 牡6 赤木
 ・7番人気、1番人気、4番人気で決着
 ヴァンクルタテヤマは
 ・前走指数:97:3位
 ・中央連対率 53.3%:4位
 ・前走欅S2位
 ・キャリア15戦:少ない方から3番目
第12回 優勝ワイルドワンダー 牡5 蛯名
 ・1番人気、2番人気、9番人気で決着
 ・ZI指数128:1位
 ・前走、7走補105:1位
 ・中央連対率 53.3%:2位 ダート連対率:1位
 ・キャリア15戦:最も少ない

| | コメント (0)

第77回東京優駿(日本ダービー) データの輝き

第3回東京第4日10R 芝2400m
サラ3歳、オープンJpn(GⅠ) 牡57kg 牝55kg
ダービーレコード 2.23.3 2004年キングカメハメハ

 メンバーの揃ったダービーとなりました。パドックで馬の調子を見ないといけませんが、皐月賞に続いて武豊のピンチヒッターとなった岩田騎手、屋根も強力で心配はありません。1番人気に応えそうな予感です。2着3着は難解のレース結果となるでしょう。

【データの輝き】過去10年では
・”関西馬”が圧倒、関東馬は昨年のロジユニバース
・1番人気が強い7頭、2番人気1頭、3番人気2頭
・武豊、四位各2勝/10年
・騎手は前走から乗り替わっていないこと。
・脚質は後から 昨年3番手につけたロジユニバース、5番手につけたメイショウサムソン、8番手につけたレコード馬キングカメハメハを除くと、位置取りは10番手より後、よーいドンで最高の脚を使えないと勝てない。
・勝馬の前走は皐月賞5頭、NHKマイル3頭、桜花賞、京都新聞杯1頭
・新馬戦で負けるような馬はダービーには勝てない。悪くても2着まで、10年間2着だったのは、タニノギムレットとメイショウサムソンのみ。アドマイヤベガは1着降着だった。一昨年は新馬戦4着のディープスカイが勝利
・サンデー系5勝/10年、その他はブライアンズタイム、トニービン、オペラハウス、キングマンボと父になっても勝ったウオッカの父タニノギムレット
・勝馬の歴史
 ロジユニヴァース  4-0-0-1 弥生賞GⅡ、ラジオ日経GⅢ、札幌2歳GⅢ
 ディープスカイ   3-4-1-2 NHKマイルGⅠ、毎日杯GⅢ
 ウオッカ      4-2-0-0 阪神JFGⅠ、チューリップGⅢ
 メイショウサムソン 5-3-1-1 皐月賞GⅠ、スプリングSGⅡ
 ディープインパクト 4-0-0-0 皐月賞GⅠ、弥生賞GⅡ
 キングカメハメハ  5-0-1-0 NHKGⅠ、毎日杯GⅢ
 ネオユニバース   5-0-1-0 皐月賞GⅠ、スプリングGⅡ
 タニノギムレット  4-1-2-0 スプリングGⅡ、アーリントンGⅢ(皐月3着)
 ジャングルポケット 3-1-1-0 共同通信GⅢ、札幌3歳GⅢ(皐月3着)
 アグネスフライト  3-0-0-1 京都新聞GⅢ
 アドマイヤベガ   2-1-0-1 ラジオ短波GⅢ

| | コメント (0)

ヴィクトリアマイル データの輝き

ヴィクトリアマイル 芝1600

勝馬は昨年のウオッカを除けば、サンデー系のサンデーサイレンスかフジキセキで決着。前走コースは海外を除くと阪神、中山のグレードレース

抜けたのが1頭いるので、相手探しになります。

第4回
1 ウオッカ     牝5 DDF  7着 先行 1
2 ブラオーデイジー 牝4 福島牝馬1着 先行11
3 ショウナンラノビア牝6 卯月SH 1着 逃げ 7
 芝の連対率上位5頭で馬連、馬単、三連複、三連単が的中する。

第3回
1 エイジアンウインズ牝4 阪神牝馬2着 差し 5
2 ウオッカ     牝4 アラ首 4着 差し 1
3 ブルーメンブラット牝5 阪神牝馬2着 先行 4
 芝の連対率上位5頭で馬連、馬単、三連複、三連単が的中する。

第2回
⑫ カワカミプリンセス
1 コイウタ     牝4 ダービ卿2着 差し12
2 アサヒライジング 牝4 阪神牝馬8着 逃げ 9
3 デアリングハート 牝5 ダービ卿6着 差し 8
 カワカミプリンセス降着のためデータ外

第1回
1 ダンスインザムード牝5 マイラー2着 差し 2
2 エアメサイア   牝4 阪神牝馬2着 差し 3
3 ディアデラノビア 牝4 マイラー3着 差し 4
 1走当賞金を5頭BOXで的中する。

| | コメント (0)

NHKマイル データの輝き

NHKマイルカップ データの輝き 

昨年は、大荒れでさっぱり駄目だったので今年はデータで攻めます。

勝馬
 牡馬11勝、牝馬3勝
 関東馬6勝、関西馬8勝
 ここ10年では関西馬7勝、5年では関西馬4勝
 関東騎手6勝、関西騎手8勝
人気
 1番人気5勝 2~4番人気5勝 6~10番人気3勝 17番人気1勝
前走 芝1400~2000m
 NZT5勝 3,3,7,1,1着
 毎日杯5勝 1,1,8,1,1着
 桜花賞2勝 14、1着
 スプリ1勝 2着
 マーガ1勝 1着

今年は出走馬確定後に変更するものの現在では
・前走指数1~5位は、リルダバル、サンライズプリンス、ダイワバーバリアン、レト、ダノンシャンティ
・7走補正指数1~5位は、エイシンアポロン、リルダバル、サンライズプリンス、ダイワバーバリアン、レト

2009年 馬名      脚質 騎手  前走   間隔 人気
1着 ジョーカプチーノ 先行 藤岡康 NZT3着 4週 10人
2着 レッドスパーダ  先行 横山典 スプリ2着 7週 5人
3着 グランプリエンゼル先行 内田博 橘S  1着 2週 13人
前走補正指数、7走補正指数に着目すると、レッドスパーダが91で2位、ジョーカプチーノが90で3位タイ 
・指数上位5頭BOXとすると馬連14,180円 馬単39,660円が的中する。
・このレース過去5年で2着の多い横山典弘から流しても良い。
・NZT3着馬から流しても過去5年で2度的中できる。

2008年 馬名      脚質 騎手  前走   間隔 人気
1着 ディープスカイ  差し 四位  毎日杯1着 6週  1人
2着 ブラックシェル  差し 後藤  皐月賞6着 3週 3人
3着 ダノンゴーゴー  追込 藤岡佑 NZT7着 4週 14人
・前走補正指数、7走補正指数に着目、ディープスカイが87で5位、ブラックシェルが93で1位タイ
・指数上位5頭BOXで馬連1,980円 馬単3.600円が的中する。

2007年 馬名      脚質 騎手  前走   間隔 人気
1着 ピンクカメオ   追込 内田博 桜花賞14着 4週 17人
2着 ローレルレゲイロ 先行 藤田  皐月賞6着 3週 1人
3着 ムラマサノヨートー追込 小林  NZT14着 4週 18人
・前走指数、7走補正指数1位のローレスレゲイロから全頭マルチへ
 馬連30,800円 馬単85,620円

2006年 馬名      脚質 騎手  前走   間隔 人気
1着 ロジック     差し 武豊  NZT3着 4週  3人
2着 ファイングレイン  先行 横山典 NZT2着 4週 9人
3着 キンシャサノキセキ差し 安藤勝 マーガ4着 5週  4人
・前走指数、7走補正指数1~4位のBOXで
 馬連6,110円 馬単11,590円

2005年 馬名      脚質 騎手  前走   間隔 人気
1着 ラインクラフト  差し 武豊  桜花賞1着 4週  2人
2着 デアリングハート 先行 後藤  桜花賞3着 4週 10人
3着 アイルラヴァゲイン差し 横山典 マーガ1着 5週  4人
・前走指数、7走補正指数1~4位のBOXで
 馬連4,890円 馬単6,410円

NZT時の有力馬パドック

Img_7378

Img_7384

Img_7393

Img_7401

Img_7523

Img_7573

| | コメント (0)

第58回京都新聞杯 データの輝き

京都新聞杯にはジンクスがあります。サンデーの息子たちが活躍しています。その中でもマンハッタンカフェ産駒2連勝中、今年の産駒はゲシュタルトとマコトボイジャー。ゲシュタルトですね。単は怖いので、馬連でレーヴドリアンとコスモファントムの2点へ。穴は展開が必要ですが、シルクアーネストとフリージアを勝ったメイショウウズシオ程度にしましょう。

~近年の京都新聞杯より~

2009年
1着 ベストメンバー マンハッタンカフェ
2着 デルフォイ   スペシャルウィーク

2008年
1着 メイショウクオリア マンハッタンカフェ

2007年
2着 ローズプレステージ ダンスインザダーク
3着 サンライズベガ   アドマイヤベガ

2006年
1着 トーホウアラン ダンスインザダーク
2着 アペリティフ  母父サンデーサイレンス
3着 マイネルポライト アドマイヤベガ

2005年
1着 インティライミ スペシャルウィーク
3着 アドマイヤフジ アドマイヤベガ

2004年
1着 ハーツクライ   サンデーサイレンス
2着 スズカマンボ   サンデーサイレンス
3着 ミスティックエイジサンデーサイレンス

| | コメント (0)

ハルテン データの輝き

第140回 ハルテン データの輝き

2連敗中、苦手の春天今年は単純予想でいきます。
昨年の覇者をサムソンのように2着に固定、少し勝負です。

1着 GⅡの1、2着馬を選択
2着 マイネルキッツ
3着 産経大阪杯、日経賞、阪神大賞典の3着以内と大阪ハンブルグ出走馬を穴に全頭流し。

三連単 40点張り
1着 6,10,12,13,15,16
2着 16
3着 4,6,9,10,11,12,13,14,15,16

馬単 6点
1着 6,10,12,13,15,18
2着 16マイネルキッツ2着流し

複賞 1点
16 マイネルキッツ1点

2009年        前走    間隔
1マイネルキッツ   日経賞2着 5週
2アルナスライン   日経賞1着 5週
3ドリームジャーニ  産経大1着 4週

2008年
1アドマイヤジュピタ 阪神大1着 6週
2メイショウサムソン 産経大6着 4週
3アサクサキングス  産経大3着 4週

2007年
1メイショウサムソン 産経大1着 4週
2エリモエクスパイヤ 日経賞10着 5週
3トウカイトリック  阪神大3着 6週

2006年
1ディープインパクト 阪神大1着 6週
2リンカーン     日経賞1着 5週
3ストラタジェム   日経賞2着 5週

2005年
1スズカマンボ    大阪ハ3着 3週
2ビッグゴールド   大阪ハ1着 3週
3アイホッパー    阪神大2着 6週

| | コメント (0)

データの輝き 皐月賞

データの輝き 皐月賞
2009年4月18日 3回中山8日目
3歳・オープン・GⅠ 定量 牡・牝 指定 芝2000(B)

昨年、弥生賞を勝って4連勝で迎えたロジユニバースが大敗、3番人気でスプリングステークスを勝ったアンンライバルドが勝利しました。10年の記録を見ても関東馬は難しいと思います。今年は名馬誕生か?

【1986年以降】
・前走は芝1800or2000であること。100%
・前走は4着以内であること。例外ノーリーズン7着
・前々走は複勝圏内であること。例外ダイワメジャー4着
・レース間隔は、3~6週であること。例外ハクタイセイ9週
  ここ10年6週か4週で100%
・キャリア数:9戦以内であること。100%
・キャリア数:5戦以内であること。70.8%
・前走:弥生賞であること。37.5%
・前走:スプリング賞であること。29.2%
・前走:若草Sであること。20.8%
・前走:弥生賞、スプリングS、若草S、毎日杯、きさらぎ賞であること。100%
・前走:中山競馬場79.2% 阪神20.3% それ以外は駄目
・中枠不利:5枠に勝ちなし。4,6枠各1勝止まり。7+8枠で11勝
【ここ10年】
・関東馬は、ダイワメジャーのみ
・種牡馬は、サンデー5勝、ブライアンズタイム2勝
・生産者は、社台系が多い(80%)
 社台ファーム5勝、ノーザンファーム3勝
・1番人気での勝ちは3頭(父サンデーサイレンス)、全て3連勝で本番を迎えている。・配当
 単130-640:4勝、1,450-1,730:3勝、3,220:1勝、11,590:1勝

【単の有力馬】
・弥生賞1着 ヴィクトワールピサ
・弥生賞2着 エイシンアポロン
・弥生賞3着 ダイワファルコン ×関東馬
・スプリングS1着 アリゼオ  ×関東馬
・スプリングS2着 ゲシュタルト
・スプリングS3着 ローズキングダム
・きさらぎ賞1着 ネオヴァントム
・若葉賞2着 ヒルノダムール

| | コメント (0)