« がんばれシルクメビウス | トップページ | アメリカジョッキーズCC »

日経新春杯 データの輝き

日経新春杯25年歴史

騎手
 4勝:河内現調教師 3勝:藤田、四位、武豊 2勝:安藤勝
 近10年では、四位が2002年から3連勝、安勝が2007年から連勝
 乗替りは4勝なので前走るからは同騎手が圧倒
調教師
 3勝:小林稔 2勝:崎山、池江泰郎
馬齢
 4歳:10勝(40.0%) 5歳:7勝(28.0%) 6歳:2勝(20.0%)
人気
 3番:7勝(28%)、2番:6勝(24%)、1番:4勝、4番:3勝  ここ10年を見ると1番人気は1勝のみ、近6年はゼロ。
オッズ
 5-6.9倍:7勝、7-9.9倍:5勝
斤量
 55.5-57kg:11勝、53.5-55kg:8勝
馬体重
 480-499kg:9勝、460-479kg:7勝、500-519kg:5勝
 460-519kgを合計すると21勝、例外は4勝しかない。
枠番
 6枠:5勝、1,5枠:各4勝、3,4枠:各3勝
馬番
 4番:4勝、1,3,10番:各3勝 8番と13番より外はゼロ
脚質
 先行:11勝、中団:10勝、後方:2勝、逃、マクリ:各1勝
ブリンカ
 使用している馬は勝てない。
種牡馬
 サンデーサイレンス、リアルシャダイが各2勝、その他は1勝
 アドマイヤベガに勝利があるが意外とサンデー系は勝っていない。
 母父馬 ノーザンテースト、カウアイキング各2勝
毛色
 鹿毛:14勝、黒鹿:8勝、栗毛:2勝、芦毛:1勝
前走着順
 1着:8勝、2着:4勝、3,4,7着:各3勝
 2秒以上負けている馬は消してよい
前走クラス
 同クラス20勝(80%)、昇級戦5勝(20%)
前走場所
 京都:9勝、阪神:6勝、中山:5勝、中京:3勝、東京:2勝
前走距離
 2000m:9勝、2500m:6勝、2200m:3勝
 2400mの経験馬は注意

|

« がんばれシルクメビウス | トップページ | アメリカジョッキーズCC »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。