« サンライズプリンス NZT勝利 | トップページ | がんばれ シルクメビウス »

データの輝き 皐月賞

データの輝き 皐月賞
2009年4月18日 3回中山8日目
3歳・オープン・GⅠ 定量 牡・牝 指定 芝2000(B)

昨年、弥生賞を勝って4連勝で迎えたロジユニバースが大敗、3番人気でスプリングステークスを勝ったアンンライバルドが勝利しました。10年の記録を見ても関東馬は難しいと思います。今年は名馬誕生か?

【1986年以降】
・前走は芝1800or2000であること。100%
・前走は4着以内であること。例外ノーリーズン7着
・前々走は複勝圏内であること。例外ダイワメジャー4着
・レース間隔は、3~6週であること。例外ハクタイセイ9週
  ここ10年6週か4週で100%
・キャリア数:9戦以内であること。100%
・キャリア数:5戦以内であること。70.8%
・前走:弥生賞であること。37.5%
・前走:スプリング賞であること。29.2%
・前走:若草Sであること。20.8%
・前走:弥生賞、スプリングS、若草S、毎日杯、きさらぎ賞であること。100%
・前走:中山競馬場79.2% 阪神20.3% それ以外は駄目
・中枠不利:5枠に勝ちなし。4,6枠各1勝止まり。7+8枠で11勝
【ここ10年】
・関東馬は、ダイワメジャーのみ
・種牡馬は、サンデー5勝、ブライアンズタイム2勝
・生産者は、社台系が多い(80%)
 社台ファーム5勝、ノーザンファーム3勝
・1番人気での勝ちは3頭(父サンデーサイレンス)、全て3連勝で本番を迎えている。・配当
 単130-640:4勝、1,450-1,730:3勝、3,220:1勝、11,590:1勝

【単の有力馬】
・弥生賞1着 ヴィクトワールピサ
・弥生賞2着 エイシンアポロン
・弥生賞3着 ダイワファルコン ×関東馬
・スプリングS1着 アリゼオ  ×関東馬
・スプリングS2着 ゲシュタルト
・スプリングS3着 ローズキングダム
・きさらぎ賞1着 ネオヴァントム
・若葉賞2着 ヒルノダムール

|

« サンライズプリンス NZT勝利 | トップページ | がんばれ シルクメビウス »

データの輝き2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。