« シルクメビウス 端午S 次走⇒ユニコーンS | トップページ | 第57回京都新聞杯GⅡ データの輝き »

第14回NHKマイルカップ データの輝き

2009年5月10日 第2回東京第6日11R 芝1600m
サラ3歳・オープン(GⅠ)
レースレコード キングカメハメハ1.32.5
コースレコード ミレミアムバイオ1.32.0
過去の勝馬を見ると前走あるいは、前々走で勝っていること。2走で3着、2着のロジックを除く、ダービーにつながる強い馬は毎日杯から、強烈な切れ味のある馬が有力。
本題の馬券道場では、珍しく今期は貯金があるので昇段までは複勝に切り替えて、アイアンルックの複×2でいきます。

歴代の勝馬
年度  馬 名       前 走        2走前
2008 ディープスカイ  毎日杯   GⅢ優勝 アーリントンGⅢ3着
2007 ピンクカメオ   桜花賞   GⅠ14着 菜の花賞    優勝
2006 ロジック         NZT   GⅡ3着 アーリントンGⅢ2着
2005 ラインクラフト  桜花賞   GⅠ優勝 フィリーズRGⅡ優勝
2004 キングカメハメハ 毎日杯   GⅢ優勝 すみれS    優勝
2003 ウインクリューガー毎日杯   GⅢ8着 アーリントンGⅢ優勝
2002 テレグノシス   スプリング GⅡ2着 うぐいす賞500  優勝
2001 クロフネ     毎日杯   GⅢ優勝 ラジオ短波 GⅢ3着
2000 イーグルカフェ  NZT   GⅡ7着 共同通信  GⅢ優勝
1999 シンボリインディ マーガレット  優勝 ひいらぎ    優勝
1998 エルコンドルパサーNZT   GⅡ優勝 共同通信    優勝
1997 シーキングザパールNZT   GⅡ優勝 フラワーC GⅢ優勝
1996 タイキフォーチュン毎日杯   GⅢ優勝 弥生賞   GⅡ7着

馬券道場の指名有力馬
◎ 関西馬から毎日杯勝馬 アイアンルック
○ 関東馬からNZT勝馬 サンカルロ
穴 紅一点牝馬から    ワンカラット
まだまだ若いので、NZT組は当日馬を見ましょう。
実はサンカルロのファンですが、小倉のデビュー戦で相手が相手とは言え、出遅れながら7馬身差の圧勝劇が脳裏に残っているのでアイアンルックにします。

小倉デビュー戦のアイアンルック

Img_7607

|

« シルクメビウス 端午S 次走⇒ユニコーンS | トップページ | 第57回京都新聞杯GⅡ データの輝き »

データの輝き2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。